忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/22 17:31 】 |
吉田製材さん
本日、作業場では墨付け、キザミが進んでます。








そして少し作業場を離れて、吉田製材さんとこへ。


地棟や太鼓梁の切り落ちを製材してもらうため。








この製材の台車、切る所にレーザーがあたって正確。



そしてこんな感じに製材してもらいました。








切り落ちでも使い方次第で変わるのが木。


さてこれで何ができるでしょう。



その後は吉田さんに分けて頂いた、欅の塊を作業場の帯鋸で製材。







の前に皮をはいで砂を落としてから。



 




柾目の綺麗な欅の板がとれました。













この欅まだ水気をかなり含んでいたので、先に製材しといて正解だったなと。



乾燥したら何に使うかこれまた楽しみです。








ランキングに参加しています。

倉谷建築を応援して下さる方は、

読み終えた後に↓↓↓クリックをお願いします。

              にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 新宮情報へ

にほんブログ村





新宮市の工務店、倉谷建築のホームページ↓↓↓

HP:http://www.kuratani-kenntiku.com/

PR
【2014/11/12 17:08 】 | 施工現場 | 有り難いご意見(0)
<<桧杖。 | ホーム | ヴィンテージ塗装の家具>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>