忍者ブログ
  • 2019.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/08/24 01:30 】 |
墨付けと現場
天から大粒の雨ばかりが降りしきる新宮に今は帰ってます。


というのも、僕にとって、恩師であるかたの家を建てさせて頂くことになり、墨付けという作業をさせてもらいに帰ってきました。


そんな中、今では珍しい凝ったお家のリフォームも手がけさせてもらっている為、面白い仕事が山盛りです。


墨付け



IMG_1895.JPG





この墨付けという作業は、その地方によって、使う木、継ぎ手、木取り、が異なります。


その地方の風土や、それこそ雨の多い町、雪の多い町など、その土地に合わせたモノが代々、その土地の大工に伝わり残されていきます。


今回も新宮という町ではこういう風に墨付けをするという、ものを大工さんに教わりながらやっていました。


京都でこれまで見てきたものとは、基本は同じでも、この土地ならではの事もあり、毎日感心しながら墨を付けています。


きっとこれまでこの新宮の大工さんが受け継いできたものが、こうして伝えられる、これこそが伝統建築という事だと思います。


IMG_1903.JPG
































じつは墨付けも昨日で区切りとなり、今日はリフォームの現場にいってきました。


IMG_1882.JPG
























現場に着いてからの仕事は建具の収まる枠をつけていました。



IMG_1904.JPG































こんな風に加工してはめ込みます。



IMG_1906.JPG

































IMG_1911.JPG































IMG_1908.JPG































写真で見ると一瞬ではまってますが、それなりに大変です。


この後は床張り。ヒノキの無垢板を張るのですが、これがまた真ん中に丸い柱があって、これも大変(*_*;


IMG_1912.JPG











































こんな時にこそ使う道具があります。



カネ順さんのアサリ無しのノコギリ



IMG_1914.JPG































そして、岡山の市川金物さんで買った床張り鑿【首切り鑿】


リストラ鑿とも言うらしいです^^;



IMG_1916.JPG

































IMG_1917.JPG
































IMG_1919.JPG






























IMG_1922.JPG
































未熟な腕を道具で助けていただきました。


こういう道具、出番は少ないですが、ここぞって時はかなり楽をさせてくれます。


難所は突破したので、明日は床を張り終えます。



























ランキングに参加しています。
倉谷建築を応援して下さる方は、
読み終えた後に↓↓↓クリックをお願いします。
              にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 新宮情報へ
にほんブログ村




新宮市の工務店、倉谷建築
HP:http://www.kuratani-kenntiku.com/







PR
【2013/06/26 22:35 】 | 施工現場 | 有り難いご意見(0)
<<涼しくなってきました。 | ホーム | 祝☆上棟>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>